CCGrassは2002年に人工芝の製造を開始し、今や年間2,000万平方メートル以上の生産量を誇る世界最大級の人工芝工場となりました。自社工場は敷地面積約40万平方メートルで、2,000名の従業員が繊維糸の押出やツイスト、タフティング、仕上げのバッキングなどの各生産プロセスを管理しています。各工程には最新式の機器を使用し、厳格な品質管理水準のもとで丁寧に作業を行っています。CCGrassの工場は業界でも管理水準が行き届いた施設のひとつとして高く評価されており、ISO9001およびISO14001に準拠しているほか、BSCI、WFSGI、ICSなどの厳しい工場監査にも合格しています。

生産プロセス

その他